カーボンオフセットのお知らせ
釜石への往復で生じたCO2を、オフセットしています。
詳細はお問い合わせ下さい。

プログラム詳細

SDGsを体感する サステナブルツーリズム(観光SDGs)への取り組みを知る

サステナブルツーリズム(観光SDGs)の国際的な認証地にも選出されている釜石の取り組みや、その根底にある「マネジメント」の考え方についてお伝えします。

  • 所要時間:1時間30分

  • 主な流れ:-

  • 必要なもの:特になし

  • 定員:3人以上|最大20人まで

  • 会場:未定

  • 対応言語:日本語

プログラム概要

「持続可能な観光地」 の実現を目指している釜石は、
2016年より、「持続可能な観光(サステナブルツーリズム)」の国際基準(GSTC)を取り入れることを決定し、取り組みを続けてきました。

その取り組みが功を奏し、2018年には日本で初めて、
観光地の国際的な認証機関である「グリーン・ディスティネーションズ」において、
「世界の持続可能な観光地100選」に選出されました。

その後も、持続可能な観光(サステナブルツーリズム)への取り組みについて、
数々の評価や賞をいただいています。

SDGs達成においては観光が重要な役割を担っている、と
国連世界観光機関(UNWTO)は強調しています。
「持続可能な観光(サステナブルツーリズム)」への取り組みは、観光を通したSDGsへの取り組みともいえるのです。

このプログラムでは、サステナブルツーリズム(観光SDGs)への釜石の具体的な取り組みや、根底にある「マネジメント」の考え方についてお伝えします。
SDGsをさらに理解し、日々に取り入れるためのヒントを得られるはずです。

釜石の主な実績

・日本で初めて、「世界の持続可能な観光地100選」に選出(2018年)
・「世界の持続可能な観光地100選」に2年連続で選出。(2019年)
・「グリーン・デスティネーションズ・アワード」ブロンズ賞を受賞。(2019年)
・「サステイナブル・デスティネーションズ・アワード」アジア太平洋部門シルバー賞を受賞。(2019年)
・「世界の持続可能な観光地100選」に3年連続で選出。(2020年)
・「世界の持続可能な観光地100選」に4年連続で選出。(2021年)

主な取り組み

・観光SDGsマネジメント(全体計画策定、運営管理、モニタリング等)
・観光従事者を増やす活動(体験プログラムの企画、インストラクターの養成など)
・釜石小中高校への観光教育の実施
・地域商社事業による、食材の地域調達率を上げるための活動(釜石ジオ弁当、さんりくジェラート)
・津波の伝承活動、および防災教育への取り組み
・森林クレジットの購入による、来訪者へのカーボンオフセット
・プラスチックを使用しないイベント開催
・岩手大学、東京大学海洋研究所と連携した、学習プログラムの企画運営
・廃食油を活用した社用車の利用(バイオエネルギーの活用)  など。

プログラム講師

株式会社かまいしDMC 代表 河東英宜氏

釜石市の観光を担う観光地域づくり法人、株式会社かまいしDMCの代表。「地域の稼ぐ力を引き出す」という使命のもと、オープン・フィールド・ミュージアムという観光コンセプトや、観光SDGsの推進に注力しています。2021年観光庁長官表彰など、受賞実績多数。法人運営や、SDGsへの取り組みなど、幅広い話を聞くことができます。

一覧に戻る